銀行カードローンと消費者金融に違いはありますか

カードローンで借りられる金額は今では総量規制という法律で年収の3分の1となっていて消費者金融でのカードローンはこの総量規制の対象なります。
しかし、業種分類では貸金業者でない銀行のカードローンはこの総量規制の対象にならないのが一番の違いです。
銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの違いは銀行のカードローンは4〜5%と金利が低いことで、多くの消費者金融のカードローンの金利は銀行のカードローンよりも高く15%〜18%です。

 

なお金利は総量規制で10万円未満では年に20%まで、10万円〜100万円未満のカードローンでは最大で年に18%以内、100万円以上のカードローンでは年に15%以内と決められています。
また銀行と消費者金融との違いで消費者金融のほうが銀行よりも審査に通りやすいという噂があるようですがこれは単なる噂であり決して審査が甘いということはありませんから、誤解をしないようにしましょう。
銀行も消費者金融も審査が厳しいことに変わりはないのですが審査に使う基準や条件には銀行と消費者金融では多少の違いがあるので、消費者金融の審査が甘いと言われるのです。

 

ちなみに通常のカードローン本審査は銀行のほうが消費者金融よりも時間がかかり、審査からカードローンの発行までのスピードは消費者金融のカードローンのほうがスピーディで、申込んだ日にお金を借りられる即日融資がありますが、今では消費者金融と同様に即日融資をしてくれる銀行もあります。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る