個人信用情報について

カードローンを申し込むと仮審査と本審査があり、本審査に通ればカードが発行されます。
本審査では本人確認や在籍確認の電話がありますが、カードを発行する金融機関は申込者の個人信用情報を調べます。
個人信用情報とはカードローンの申し込み者がほかのカードローンでお金を借りているかどうか、借りていた場合はそれが何社で総額はいくらなのか、また今までに返済はきちんとされているかどうかなどで、これはCIC、JICC、全銀協その他の個人信用情報機関にある記録を参照します。
JICCも同様にクレジットカードやカードローン、リースなどに関する情報を持っていて、全銀協(KSC)は銀行関係でのローンに関する情報を持っています。

 

個人信用情報はカードローンを発行する時に申し込み者が申告していることが間違いないかどうかを確認するために使われるだけでほかの目的で使われることはありません。
カードローンは無担保でお金を貸してくれますので、個人信用情報が担保の代わりになります。
ほかのカードローンでお金を借りていてもその返済がきちんとされていれば信用することができる人になり、審査に通りやすくなります。

 

別のカードローンでお金をかりていてその返済が遅れたというような記録は個人信用情報機関に登録されますから審査に落ちてしまいます。
なお個人信用情報は申し込み者本人であればパソコンで見ることができますがKSCやJICCなどの個人信用情報機関は郵送での本人からの申し込みに限っていますからほかの人に見られる心配はありません。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る