仮審査と本審査に違いはありますか

カードローンを申込むと最初に仮審査があり、これは申し込みの基本的なことを調べてその融資が可能かどうかを判断する段階です。
仮審査はインターネットで申込むとコンピューターに入れてあるソフトウェアを使って機械的に申し込みの内容を調べますから審査に時間はかかりません。
これはカードローンの申し込みは受け付けるという程度の審査だと思いましょう。

 

実際にその申し込みが妥当かどうかを判断するのが本審査で、これはコンピューターも使いますが最終的には人間が慎重に審査します。
審査基準は各金融機関で多少の違いはありますが、まず年収とカードローンの金額について返済能力があるかどうかです。

 

次にほかのカードローンの金額と合わせても年収の3分の1以内なのかどうか、さらにほかのカードローンの返済で過去に返済遅延があったかどうかなどが確かめられます。
また申し込み者が本人かどうかを電話で確かめる在籍確認があります。
この場合電話で応対してもまだ本審査は終了していません。

 

その人の年収が安定していて、勤めている年月も長く、会社もきちとしているし、住んでいるところの家賃も収入に見合っているなどの点が調べられます。
このような本審査を属性の調査・確認と言いますがこの段階で問題があると審査の結果には?マークがつきますから、最終的には審査に落ちることがあります。
特にほかのカードローンで以前返済が遅れたりしたことがあるとそのことが記録に残っていてブラックと見做されますから審査には通らないのです。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る