カードローンの審査に落ちる理由

カードローンを申込むと最初の仮審査は通っても本審査で落ちることがありますが、どうして審査に落ちるのかという理由はいくつもあります。
法律ではカードローンで借りられる金額は年収の3分の1以内ですから例えば年収が150万円としますと45万円までは借りることができます。
ここでその人の年収の使い道が問題になります。
家賃が月に6万円では年に72万円、生活費が月に3万円では36万円で、これで100万円を超えてしまいます。
そこに光熱費や住民税その他を加えると150万円はすっかり無くなるでしょう。

 

例えばカードローンで30万円を借りて、毎月5,000円を返済すると単純に計算では年に6万円ですがそのお金はどこにもありません。
これでは返済能力が無いと思われてしまい、審査に落ちてしまうかも知れませんが年収が180万円や200万円なら当落すれすれでしょう。
次に年収が300万円なら審査に通るかと言いますと、その人がほかのカードローンでお金を借りていて、以前返済が遅れたことがあるとそのことが個人信用情報機関に記録されて要注意人物になってしまい、そのような履歴がある人は審査に落ちてしまいます。

 

また、すでにいくつかのカードローンで借りているお金に新たなカードローンのお金を合せると年収の3分の1を超えてしまうとやはり審査に落ちてしまいます。
ですから審査に落ちた時にはこれらのことを考えてみると落ちた理由が分かるでしょう。
カードローンの審査に落ちる大きな理由は年収不足、ほかの借入でブラックになっている、総量規制の枠をオーバーするということです。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る