カードローンの借り換えと債務整理のどちらを行うべきですか?

今は貸金業法が改正されていて、総量規制という法律があるためにカードローンで借りることができるのは本人の年収の3分の1以内となっていますが何社ものカードローンでお金を借りるとその総額が大きくなり、毎月の返済ができなくなることがあります。
そうなるとまず言われるのが債務整理で、自己破産を申請するとか個人再生ですが、それよりも先にカードローンの借り換えという方法があります。
カードローンの借り換えとは何社かのカードローンをまとめてひとつのカードローンにすることです。
この方法を行うことで毎月の返済が楽になります。

 

自己破産のような債務整理をするとブラックになり、5〜7年経たないとどこの金融機関からもお金を借りることができなくなりますが、カードローンの借り換えで1本化して毎月返済をすれば元金が少なくなった分だけまたお金を借りることができます。
債務整理をするとブラックになってしまいますがカードローンの借り換えであれば大丈夫ですし、借り換えをすると金利も低くなり返済先も一つになります。
返済期間は長くなりますが毎月の返済額が少なくなるメリットがあります。

 

このようなことから債務整理は最後の手段であり、まずはカードローンの借り換えをするように考えるのが良いようです。
なお、カードローンの借り換えではできるだけ金利が低いところを選ぶようにしましょう。
金利が高いと返済金額が増えてしまいカードローン借り換えのメリットがなくなってしまいます。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る