借りたお金の受け取り方

銀行や消費者金融などにカードローンを申込んで、仮審査から本審査へ進み、本人確認などすべての審査に通ると、金銭貸借契約が結ばれて、申込んだ額のお金が借りられることになります。
借りたお金の受け取り方は大きく分けると3通りあります。
ひとつはカードを郵送で受け取る方法です。
借りた金融機関からカードが簡易書留で郵送され、そのカードを使ってATMで限度額内のお金を自由に何度でも引き出すことができます。

 

そして銀行振り込みで融資を受けることができます。
契約が完了すると、ただちに借りたお金は自分が持っている銀行や信用金庫などの口座に振り込まれますから、自分の口座のカードを使って必要なお金を引き出すことができます。
もうひとつの方法は有人の金融機関のお店で現金で受け取る方法です。
これらの借りたお金の受取り方のうちでWEB完結型カードローンが増えたので、直接現金で受け取る方法は今では少なくなっています。
また急にお金が必要な時にカードが郵送されるのを待っていると時間がかかりますから、銀行振り込みでお金を受け取ることが増えています。
この時にカードは振込とは別に郵送されてきます。

 

このように借りたお金の受け取り方は、カードの郵送、銀行振り込み、直接お店で現金を受け取る方法がありますから、自分の都合に合わせて便利な方法にすることができます。
また、無人自動契約機を利用するとカードローンの申し込みからカードの発行までがその場で完結しますからそのカードをすぐにATMで利用することができます。
即日でお金が必要なときに大変便利な融資の受け取り方であると言えるでしょう。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る