賃貸契約への影響について

今まで住んでいる賃貸住宅から別の賃貸住宅に引っ越しをする場合、収入証明が必要になります。
会社員や店員などでしたら収入証明書を見せる必要はありませんが、自営業や個人事業主の賃貸契約では収入証明書の提出を求められます。
ただし賃貸契約でカードローンの利用額までは申告することは必要ありません。
カードローンを利用していてもそれが賃貸契約に影響することはありません。
たとえブラックでもその情報を大家さんや不動産業者はそれを知ることはできないからです。

 

しかし、大手の不動産会社のなかには信販会社と提携して家賃の支払いを管理する場合があります。
そうなると不動産会社が賃貸契約を結ぶ前に提携している信販会社を通して入居希望者の個人信用情報を調査することがあります。
金融業者である信販会社は個人信用情報を閲覧することができますから、その時点でカードローンのことが分かってしまい、賃貸契約ができなくなります。

 

また、最近は賃貸契約で保証人を探すのが難しくなっていますから、保証会社を利用する人が増えています。
そのような場合に信販系の保証会社では個人信用情報を調べることができますから、カードローンで借り入れをしていたり、ブラックだと賃貸契約ができなくなります。
なお、今まで住んでいる賃貸住宅で契約更新をするときにはこのような調査はしませんから、カードローンが賃貸契約に影響することはありません。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る