必要な書類について

お金を借りる時にはカードローン金利のことを調べて一番金利が低い金融機関を選びます。
また毎月の返済もシミュレーションを参考にして無理のない返済額にします。
それからインターネットでカードローンの申込みをします。
この段階ではまだ書類は手元になくても申し込みはできますが、仮審査、本審査と進みますと最終的には本人確認のために書類の提出が必要です。

 

まず、申し込み者の本人確認をするために運転免許証、パスポート、健康保険証、住基カードなどのいずれかを提出しましょう。
これは氏名、生年月日、住所を確認するためです。
さらにカードローンの金額が50万円を超えるような場合には、本人が申込み書で申告している年収が正しいかどうかを確認するために、源泉徴収票の写し、所得証明書の写し、税額通知書の写し、給与明細書の写し、確定申告書の写しのいずれかの提出を求められることがあります。

 

このように見るとカードローンの申し込みにはたくさんの書類が必要なように思えますが、本人が確認できる書類と本人の年収を確認できる書類の2種類だけです。
一番簡単なのが本人確認は免許証で、年収の確認は源泉徴収票の写しですが、これはカードローンを申し込む時に同時にメールに添付しておくと審査が早く済みます。
なお、お店まで出向く時にはあらかじめ申し込みの時に用意するようにすると二度手間が省けて便利です。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る