在籍確認は必ずありますか

金融機関でお金を借りるためにカードローンの申込みをします。
申し込みが受け付けられて仮審査を通ると、次は本審査になります。
本審査では電話による在籍確認があります。
在籍確認はカードローンを申込んだ本人が本当に申告している会社に勤めているか確認するために行われます。

 

ですから在籍確認は必ずあります。
在籍確認の電話がかかってくると、お金を借りようとすることを会社中に知れ渡ってしまうのではないかと心配になることがあります。

 

しかしその心配は要りません。
△△という名前の人がカードローンの申込みをしたとします。
金融機関が在籍確認の電話をかけるときには金融機関の名前は出しません。
申込みがバレないようにするための配慮として電話は必ず個人名でかけます。
「○○と申しますが△△さんはいらっしゃいますか」と言うような電話です。
本人がたまたま会社を休んでいたり、外出をしている場合でもその電話を受けた同僚は「△△は席を外しております」とか「△△は本日風邪で休みをとっています」「△△は外出中です」などと答えます。
在籍確認はこれで十分なのです。

 

それは申し込みの本人が席にいなくても同僚が在籍を証明しているからです。
また本人が電話に出た場合であれば間違いなく在籍しているという確認がとれますから問題ありません。
在籍確認の電話はこのような簡単な電話ですから、誰にもカードローンの申込みを知られることはありません。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る