グレーゾーン金利とは

キャッシングやカードローンでグレーゾーン金利という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
平成22年6月17日に貸金業法が改正される前は利息制限法で定められていたのは15〜20%でしたが、出資法では29.2%までに金利が認められていました。
この上限29.2%の金利をグレーゾーン金利と言います。

 

これは利息制限法と出資法というふたつの法律に矛盾があったからです。
しかし、平成22年6月18日に出資法の上限金利が利息制限法の上限と同じ20%に引き下げられたので、グレーゾーン金利は禁止されています。
グレーゾーン金利は、みなし弁済規定が適用されれば違法ではないという貸金業者の主張がありましたが、裁判の判決でこの主張が却下されて、みなし弁済規定も廃止されましたから、今ではグレーゾーン金利の上限29.2%は違法になります。
グレーゾーン金利は今では違法行為になっていますから闇金融などグレーゾーン金利を設定している業者を利用しないよう申込み前に確認しなければなりません。

 

100万円以内のカードローンでは金利が18%を超えるような金融機関からはお金を借りないようにしなければなりません。
今では10万円までの金利は20%以内、10万円〜100万円までの金利は18%以内、100万円を超えると金利は15%以内と定められています。
この規定以上の金利はすべてグレーゾーン金利ということになります。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る