キャッシングとカードローンに違いはあるの?

銀行や消費者金融からお金を借りることをキャッシングあるいはカードローンと言います。
お金を借りることはどちらも同じですから、キャッシングとカードローンはどこが違うかと疑問に思います。
キャッシングとカードローンは厳密に言いますと異なります。
キャッシングとは本来借りたお金に利息をつけて一括して返済をすることでした。

 

しかし今ではキャッシングでの一括返済はほとんど無く、リボルビング払いという分割払いになっています。
カードローンは契約で決められた限度額の範囲内で自由にお金を繰り返して借りることができます。
カードローンで借りたお金の返済は一括返済ではなく、リボルビング払いと定めれれています。
このように、キャッシングとカードローンは返済方法に違いがあります。

 

またカードローンでATMからお金を引き出す行為もキャッシングという言葉が使われていますから、この2つのサービスの違いが分からないという方が増えたのではないでしょうか。
このほかのキャッシングとカードローンとの違いは金利にも見られます。
カードローンは毎月返済ですから金融会社は長期間にわたり利息収入を得られるため、金利が比較的低めに設定されますが、キャッシングは翌月一括返済ですから金融機関が利息で利益を確保するために金利が高めに設定されます。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る