キャッシングに担保と保証人は必要?

お金を借りる時に担保とか保証人という言葉がありますが個人向けの融資をするカードローンなどのキャッシングではほとんどの場合担保も保証人も不要で、必要になるのは個人信用情報と本人確認などです。
個人信用情報でお金を貸すのは信用貸しと言いますが個人信用情報には職業、勤続年数が長いこと、安定した収入があること、過去に返済遅延などでブラックになっていないことなどが含まれます。

 

個人信用情報はいくつかの個人使用情報機関に記録として保管されていて、金融会社は審査の時に必要に応じて記録を確認するようになっています。
銀行が法人に多額の融資をする時に貸し倒れを防ぐために融資額以上の価値がある不動産などを質にとるのが担保で、貸したお金の返済ができない時にはこの担保が銀行の所有物になり、銀行はそれを売却することで貸したお金を回収します。
保証人はお金を借りる本人でさらに本人が返済できない時に本人に代わって返済をする能力がある連帯保証人があります。

 

ここまでをまとめますと基本的には普通のキャッシングでは担保も保証人も必要ではなく、担保や保証人が必要になるのは会社として銀行から多額のお金を借りる時ということになります。
ただしキャッシングで担保や保証人が必要ない代わりに個人信用という大切な保証がありますから、返済が遅れたり返済ができなくなるとこの大切な個人信用に傷がつくことになってしまいます。
そのようなことが無いように返済はきちんとするようにしましょう。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る