勤続年数はカードローンに影響がありますか

銀行でも消費者金融でもカードローンを申込むと仮審査には通っても厳しい本審査があり、審査では申し込み者に関するさまざまなことが調査・確認されます。
本審査では申し込み者が本人かどうかという確認がありますしその会社に勤めているかどうかを確認する在籍確認の電話もあります。

 

さらに本人だけしか持っていない属性調査があり、属性には職業や勤続年数なども含まれますが、この勤続年数がカードローンに影響することがあります。
一般的には同じ会社に長い間勤務していて収入も安定していれば審査ではプラスになりますから勤続年数は長いほうが有利と言えますが、逆に3ヵ月、半年、一年などで転職を繰り返していると収入も安定しないことと合わせて勤続年数が短いということでカードローンの審査ではマイナスになります。
例えば勤務期間が半年にも満たないとこの先勤務を続けるか辞めるかが分かりにくくなりますから審査に通らないことがあるでしょう。
何とか審査に通るようにと勤続年数でウソの期間を申告しても調べれば本当のことが分かりますからそれが個人信用情報に記録されてしまいますし、当然審査に落ちてしまいます。

 

このように勤続年数はカードローンの審査に影響しますがたとえ勤続年数が長くても定年が近い人だと勤続年数が長いことはあまり評価されません。
ちなみに属性審査はスコアリングという方法が多いのですがこのスコアリングで点数が低いと審査に通りにくくなり、時には審査に落ちてしまいます。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る