借り換え後に注意するポイント

返済のことを考えないで何社ものカードローンを作り過ぎるとその総額が大きくなり、返済ができなくなることがあります。
返済ができないと自己破産や債務整理をしなければならなりません。

 

このような時には債務整理をする前にカードローンの借り換えという方法を考えてみましょう。
借りている総額が年収の3分の1以上でも、カードローンの借り換えであれば総量規制の対象外になります。
カードローンの借り換えをすると返済先が1カ所になり、金利も返済がしやすいように低めに設定されます。
金利が低い分だけ毎月の返済金額が少なるので便利です。

 

しかしここで安心しているとまた前と同じように返済が困難になる恐れがあるのです。
カードローンの借り換えで毎月の返済は楽になりますが、返済を続けていると元金が減っていきます。
借りている元金が減るとカードローンの借り入れ枠に余裕がでてきて、その分をまた借りてしまうことがあります。

 

この点が注意しなければならないポイントで、借り入れの枠ができた分をまた借りるといつまで経っても返済が終わらなくなります。
カードローン借り換えの目的はまた借入をするためではなく、あくまでも借りているお金の全額をきちんと完済するためなのです。
カードローン借り換えの後でまたお金を借りたのではカードローンの借り換えをした意味がなくなります。
カードローン借り換えは1回だけであり何回もカードローンの借り換えはできないことを覚えておきましょう。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る