総量規制対象外になる金融会社とは

2010年(平成22年)6月18日に貸金業法の改正が施行され、総量規制が始まりましたがこの改正法では収入が年収の3分の1を超えるとどこからもお金を借りることができないと思っている人は多いようですがそうではなく、実際には総量規制の対象になる金融会社と総量規制対象外となる金融会社があります。
総量規制対象外になるのは銀行のカードローンと銀行系列のカードローン、信用金庫のカードローン、労働金庫のカードローン、農協のカードローンなどいくつもありますが、カードローンを申込むと厳しい本審査があります。
総量規制ができた理由はカードローンでお金を借り過ぎて返済ができなくなる人を少なくするためですが、それでもお金を借り過ぎる人はいます。
総量規制の対象外だからと自分の返済能力では返済が無理なカードローンはつくらないことが望ましいのですが、この点は金融会社も注意していますから、たとえ総量規制対象外の銀行や銀行系列の金融会社でも多額のカードローンの申込みをすると審査に通らなくなることがあります。

 

なお総量規制にはいくつかの例外があり、例えばカードローンの借り換えであるおまとめローンは特例として総量規制外になりますし、返済だけを目的とする場合のカードローンも総量規制外になります。
このほかのカードローンは総量規制の対象になり、さらに限度額が50万円を超える場合やカードローンの総額が100万円を超える場合には収入を証明する書類の提出が必要になります。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る