ブラックリストになる理由

ブラックリストとは銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りて、その返済がきちんとできなかったという記録で、この記録は個人信用情報機関であるCIC、JICC、KSC(全銀協)などに保管されます。

 

ブラックリストになる理由はカードローンの返済が長期間遅延したり最悪の場合は返済ができなくなって自己破産などの債務整理をした時で、過去にカードローンの返済遅延が3回以上ある場合もブラックリストになるようですし長期の返済延滞などでたとえ全額を返済してもブラックリストになってしまいます。
ブラックリストになるとどこからもカードローンでお金を借りることができなくなりますからカードローンの返済は期日に遅れないようにしなければなりませんし、返済ができなくなるようなカードローンの申込みはしないようにしましょう。

 

ただしこのブラックリストは定期的に書き換えられていますから何年か経てばその記録は消滅します。
時間が経てばブラックリストの記録は消えますが無計画なカードローンの申込みはまた返済が遅延したり、返済ができなくなったりするとまたブラックリストになってしまいます。
なお正確に言いますとブラックリストというリストは実際には存在していなく、各個人信用情報機関が記録して保管している情報のデータを俗にブラックリストと言い、カードローンの本審査では過去に返済不履行をしたことがある要注意人物になるのです。

 

 

カードローンの借り換えに最適な借入先はこちら


このページの先頭へ戻る